AGAとは?ライフスタイルに薄毛対策を取り入れよう!

成人以降の薄毛はAGAの可能性大

薄毛は中年以降のみに現われる症状ではありません。最近では、思春期になった早い段階で抜け毛に悩まされる方が多いようです。成人以降薄毛が目立つと感じたら、それはAGA(男性型脱毛症)の可能性大。この症状を持つ方は国内で1,260万人と言われていますが、何らかのケアを行っている方は650万人程度に留まります。進行性とされるAGAをそのまま放っておくと髪の量が減り続け、より薄毛に悩まされることも。後々後悔することを避けたいのであれば、早めのケアを行うことが重要と言えます。そこで今回はAGAになる原因や対策、セルフケアについてご紹介します。

AGAになる原因とは?

男性ホルモンが原因で引き起こるAGA。男性ホルモンの一種とされるテストステロンは、筋肉量の増加や性欲の増進を促すために欠かせないものです。問題は、頭皮に存在する5a-リダクターゼという還元酵素。テストステロンと5a-リダクターゼが出合うと、ジヒドロテストステロンという物質に代謝されることで男性ホルモン受容体に作用、毛サイクルに異常を引き起こします。この異常が毛の成長を待たずして抜けてしまう要因となり、薄毛へと繋がってしまうのです。5a-リダクターゼの活性度が高い体質ほど、AGAになりやすいと言えるでしょう。

AGAによる薄毛パターンとは

AGAの薄毛は、両サイドの生え際がMの形に後退するMハゲや、つむじ付近がOの形のように薄くなるOハゲ、そして額の生え際が頭頂部に向けて薄くなるUハゲの3パターンに分けられます。そしてMハゲは他のパターンよりも治りにくいとされており、早い段階でのケアが必要になります。セルフケアの方法としては、食生活の見直しが先決。レバーや卵黄、牛肉には亜鉛が多く含まれており、AGA対策に効果的です。また、豆腐や味噌などに含まれる大豆イソフラボンも、育毛の促進に最適。多忙でこれらの栄養素を食事で取れない方は、サプリメントの利用を視野に入れてください。

育毛剤で薄毛を防止しよう

ドラックストアやネットショップで幅広く展開されている育毛剤。抜け毛や薄毛に効果的と言われていますが、一般的な育毛剤はAGAの薄毛に適していません。自身がAGAと自覚している方は専用の育毛剤でケアすること、即ち5a-リダクターゼの活性化を防ぐ育毛剤を選ぶことが重要なのです。AGA専用の商品は、育毛はもちろん脱毛防止に特化したものや、薄毛のパターン別専用のものなど種類も様々。事前に公式サイトや口コミで効能や成分を調べ、自分に合った育毛剤を購入してください。なるべく、頭皮に負担をかけないためにも、低刺激な商品を選ぶことをオススメします。