1日の抜け毛本数をチェック!100本以上は要警戒?

その抜け毛、薄毛に繋がるかも?

髪の毛は洗髪時やドライヤーなど、少し刺激を与えるだけで抜けてしまいがち。そして年齢を重ねるごとにその量は増えていきます。お部屋を掃除する際、以前よりも増えた抜け毛に溜め息をつく方も多いのではないでしょうか。1日の抜け毛本数は、100本程度が正常値と言われています。それ以上抜けてしまうようであれば、薄毛やAGA(男性型脱毛症)のサインかもしれません。今後これらの症状に悩まされたくないなら、抜け毛の原因を特定し何らかの対策を行うことが大切です。これから抜け毛に繋がる様々な原因や、頭皮ケアの方法についてご紹介したいと思います。

抜け毛はライフスタイルに原因あり

年齢を重ねるごとに目立つ抜け毛は、ライフスタイルそのものに原因があると言えます。私たちは大人になるにつれ、飲食店や美容室へ足を運ぶ機会が多くなるからです。特に社会人になると、接待などでレストランや飲み屋街に立ち寄り、油っこいメニューを選びがちになります。脂質の高い食事は頭皮の脂を増やし、抜け毛に繋がると言われています。お付き合い以外では外食を控え、脂質の摂取を抑えることが大切です。そして美容室でのパーマやカラーリングは、頭皮に刺激を与えることになり抜け毛を増やす原因に。外見に気を使う方こそ、薄毛へのリスクを懸念すべきと言えます。

内側・外側からのケアで抜け毛を改善

内側・外側からのケアで、抜け毛の進行を食い止めましょう。まずは揚げ物などの脂っこい食事は極力避け、栄養バランスの整った食生活を心掛けてください。なるべく自炊をし、ビタミン豊富な緑黄色野菜を取り入れましょう。そして、1日の睡眠時間もチェック。頭皮のダメージ修復や成長は睡眠時に行われます。成長ホルモンを効率的に促すためにも、最低でも6時間は睡眠を取るようにしてください。また外側のケアとしては、頭皮に刺激を与えないことが何よりも大切。洗髪時のゴシゴシ洗いをやめ、ヘアセットは柔らかいブラシを用いるなど、優しく頭皮をケアしてください。

AGAを改善するには?

男性の抜け毛は、AGA(男性型脱毛症)が原因となる場合も。AGAは、男性ホルモンの異常が原因とされています。ヘアサイクルが乱れており、毛髪が完全に成長しないまま抜けてしまう症状が特徴的です。細く短い抜け毛が目立つようであれば、AGAの可能性大。生活習慣ではなく体質に原因があるので、市販の育毛剤や発毛剤だけでは治癒が困難と言えます。AGAかもしれないと思ったら、早期に病院で診察を受け治療を行うことが大切です。最近では、AGA専門のクリニックも広く展開しています。カウンセリングを通し、自身の症状に合った治療を受けることが可能です。