AGA治療に伴う副作用と注意点

AGAとは?

男性型脱毛症のことをAGAと言います。Androgenetic-alopeciaの略で、壮年期、中年期に多く見られる薄毛をさします。成人男性の多くが薄毛に悩んでいるとされていますが、現在のAGAは、病院などで手軽に治療を開始させることが出来るので、脱毛作用に対する失望感や喪失感などを解消することが可能となりました。

薄毛の大きな原因は、男性ホルモンによるもの、遺伝によるもの、乱れた生活習慣、ストレスとされています。

男性ホルモンの影響や生活習慣、ストレスによって正常だったヘアサイクルが乱れることが薄毛を発症させてしまいます。遺伝の場合は、体質や体格、性格などと同じように薄毛も親子で似るといったケースですね。

AGA治療には副作用が伴う

基本的には、AGA治療薬を服用して治療をすすめていきます。AGA治療薬の種類によって治療方法が異なります。発毛効果が見られる有効成分のうち、フィナステリド、デュタステリド、ミノキシジルの3種類が大きなAGA治療薬の代表として挙げられます。

フィナステリドは、AGAの原因となる成分を抑制させ、抜け毛量を減らします。デュタステリドは、さらに細かく薄毛を引き起こす成分を抑制させ発毛効果を高くします。一方、ミノキシジルは、血管を拡張させて血流を促し、発毛環境を整えていきます。

治療を検討、または開始しようとする際には、このAGA治療薬に副作用があることを認識しておく必要があります。

AGA治療の副作用と注意点

先に上げた3つの治療薬の副作用を見ていきましょう。まず、フィナステリドは、男性機能が低下するといった副作用があります。精子量の減少、精子濃度の減少、無精子症を引き起こすなどの影響が現れます。同時に、性欲低下に伴い、性交渉の回数減少なども挙げられます。精神的にも影響があり、落ち込みや抑うつ状態といったポストフィナステリド症候群の症状が見られます。肝機能の障害などによる、倦怠感や微熱などの風邪の症状など体調を崩すといったことも見られます。

デュステリドも、だいたいフィナステリドと同様の副作用が見られます。発毛効果が高い分、副作用も強く出るとされています。ミノキシジルは、比較的副作用のリスクが低いとされていますが、かゆみなどのアレルギー症状や、血管の拡張によって体毛が濃くなるなどが見られます。

AGA治療のタイミング

AGA治療薬は、ホルモンバランスに相当の影響を与えるために、胎児や子供に悪影響を及ぼします。よって、妊娠中、とくに妊娠初期の医薬品絶対過敏期とされ医薬品に最も注意をしなければならない時期には、服用また、塗布などには注意が必要です。家庭内にAGA治療薬を置いておくのも危険ですので管理に注意しましょう。男性で、子作りを考えている人は、使用をストップしましょう。勃起不全や性欲減少など男性機能不全を引き起こすほか、胎児に悪影響を与えるので、最低でも子作りの3か月前には服用を止めましょう。AGA治療のタイミングをよく見計らって実施することをおすすめします。