脱毛サインを見逃すな!AGAになる3つの前兆とは?

他人事ではないAGA治療

テレビや雑誌で頻繁に目にする、AGA(男性型脱毛症)専門クリニックの広告。自分にAGAの治療はまだ早いと、他人事のように思っていませんか?日頃、自身の抜け毛に対しては無頓着な方がほとんどかと思います。しかし、抜け毛の状態や髪質をよく観察すると、AGAの前兆である「脱毛サイン」を発見するケースもあるのです。そこで今回は、AGAになる3つの前兆や早期発見の大切さについてレクチャーしたいと思います。また、ヘアサイクルの仕組みや、将来の毛髪環境に役立つ情報も詳しくご紹介!ぜひ最後までご覧頂き、AGA対策の参考にしてくださいね。

髪質の変化に目を向けよう

AGAになる前兆のひとつに、髪質の変化が挙げられます。いつもよりヘアセットがうまくいかなかったり、手触りにパサつきやゴワついた感触を覚えるようであれば要注意です。また、AGAは遺伝する場合もあるので、父親の毛髪状態にも目を向けることが大切。もしも薄毛や脱毛が目立つようであれば、親子共にAGAである可能性が高いと言えます。なるべく早い段階でAGAクリニックへ足を運び、カウンセリングを通して症状に見合った治療を受けてください。ちなみに、本格的なAGA治療を受けることができる年齢は二十歳以上からです。

抜け毛の状態にも変化が

ご存知かもしれませんが、髪の毛は抜けて生えるというサイクルを繰り返します。どんな人でも、多かれ少なかれ抜け毛があることが普通です。しかしAGAの前兆として見逃せないのが、ヘアサイクルの乱れ。本来であれば、抜け毛の長さは伸びきった髪の毛の長さと同じです。しかし、AGAを発症している場合抜け毛の長さが短いので、違和感を感じることが多くなります。ヘアサイクルが正常に機能していないので、毛髪が完全に成長できないまま抜け落ちてしまうのです。そして健康な毛髪はどんどん抜け落ち、後に生えてくる毛髪は短く細い形状のものが多くなります。

脱毛の箇所にも個人差がある

一番わかりやすいAGAの前兆は、毛量が減ってしまうことです。そして抜け毛が目立つ箇所は人それぞれと言われており、頭頂部の脱毛が目立つ方もいれば、前頭部のM字付近から薄くなる方もいます。前述でも述べましたが、AGAは早い段階での治療が大切です。男性ホルモンの異常がAGAの原因なので、今は症状が目立たなくても、いつかは必ず薄毛に悩まされることになります。そして、年齢的に若い方の方が治療の効果が早めです。治療期間やトータルコストを抑えるという意味でも、早めにカウンセリングを受けた方が得策と言えます。