脱毛症にも種類があった!ハゲ治療及び適切な予防法とは?

その脱毛ケア、間違ってない?

年齢を問わず男性を悩ませる抜け毛や薄毛。見た目年齢を一気に下げる原因になり、毛髪のみならずルックスに対する自信も損なわれてしまいますよね。人によっては青年後期以降の早い段階で薄毛が気になり、セルフで脱毛ケアを行う方も多いと思います。しかし、脱毛の症状にも様々な種類があることをご存知でしょうか?自身がどの脱毛症なのかを理解せずにセルフケアを続けてしまうと、ますます薄毛が進行してしまうことも。これから脱毛症の種類や、各々の症状に特化した治療法や予防法についてレクチャーします。ぜひ最後までご覧頂き、薄毛予防に関する知識を深めてくださいね。

男性に多いとされる脱毛症とは

男性は女性よりも薄毛に悩まされやすいと聞きますが、その原因の多くは男性ホルモンが影響するAGA(男性型脱毛症)によるものです。元々男性ホルモンは、テストステロンというホルモンで占められています。しかし加齢や遺伝によって、ジヒドロテストステロン、即ち脱毛ホルモンへと変化してしまう場合があるのです。この脱毛ホルモンと毛乳頭にある男性ホルモンが結合することで、薄毛・脱毛に陥りやすくなります。また、生活習慣の乱れも脱毛ホルモンを増やす原因に。栄養バランスの整った食事や良質な睡眠をとるなど、日頃から規則正しい生活習慣を心がけることが大切です。

AGAの治療法って?

自分がAGAかもしれないと思ったら、まずは薬局で販売されている育毛剤を使って様子を見てください。育毛剤と言っても、AGAに特化したものを選ぶことが重要です。また、AGAはクリニックで治療することができます。薄毛は気にならないけど、これ以上抜け毛を増やしたくないのであれば皮膚科を受診しましょう。カウンセリングを経て、脱毛抑制に効果のあるAGA治療薬を処方してくれます。そして薄毛・脱毛共に気になる方は、AGA専門クリニックでの発毛治療がオススメ。AGAの進行を抑えながら、注入治療や植毛などの治療を行います。

体質やストレスも脱毛症の原因に

ストレスや体質などが、脱毛に影響を与えることも。鼻や背中などに発症する脂漏性皮膚炎は、男性ホルモンによる過剰な皮脂分泌が原因と言われています。そして体質によっては頭皮にも影響を与えるケースがあり、症状が悪化すると脱毛へと繋がる場合もあるのです。また、男女問わず発症することで有名なのが円形脱毛症。ご存知かもしれませんが、この脱毛症の原因はストレスによるものです。脂漏性皮膚炎や円形脱毛症はクリニックでの治療が可能で、主にステロイド剤や塗り薬を用いて経過を見ます。症状が気になった時点で皮膚科を受診し、早期発見・治療を行いましょう。