ヘアサイクルの乱れが薄毛に繋がる・・・?自己チェックも大切。

ヘアサイクルとは

人間の髪の毛は日々抜けては生え、抜けては生え、を繰り返しています。これは、ヘアサイクルと呼ばれるもので、自動的に体の中で一定の期間を経て髪の抜け替え作業を行っているのです。日々、洗面台の上や床、ベッドなどに抜け毛が落ちているのを目にすると思いますが、このヘアサイクルが乱れてしまうと抜け毛が極端に増えたり、薄毛の症状に悩まされたりすることがあります。男性女性、年齢問わず、ヘアサイクルの乱れが起こってしまう場合がありますので、健康な髪の毛を保つ為には気を付けておきたいポイントのひとつです。

薄毛が気になった場合、ヘアサイクルも疑おう

いきなり薄毛た気になった場合、ヘアサイクルの乱れも疑っておきましょう。薄く感じる=抜けてばかりで正しく新しい毛が生えていない、という可能性があります。新しい毛が生えてきにくくなっているという状態はなんとしてでも抜け出すべきですので、きちんとしたヘアサイクルに戻してあげる必要があります。ヘアサイクルの乱れは生活習慣からの影響も多いと言われています。成長ホルモンが出る夜中の時間に起きていることが多かったり、ストレスに晒されることが多い場合、ホルモンの乱れも起こりやすくなり、ヘアサイクルの乱れに繋がってくることもあります。

気になるAGA

AGA(男性型脱毛症)という言葉が世に浸透して久しいですが、AGAが原因となってヘアサイクルが乱れているという可能性もあります。その場合は投薬などによる治療が可能になっていますので、きちんと治療を受けることでヘアサイクルの正常化を目指せます。若年層の治療も増えてきていますので恥ずかしがることなくクリニックでカウンセリングを受けてみましょう。簡単な検査でAGAかどうかの判断ができますので、早めの対策が吉です。症状が進行しきってしまう前にクリニックへ行くというのがとても大切なことです。

まずは自分でチェック

特に気になる症状がないという方でも、髪や頭皮の状況を確認することは大切です。毎日お風呂上りにドライヤーをかけたあとなど、頭皮の色のチェックやフケやハリコシ、ボリューム感など簡単に目視で確認すると良いでしょう。チェックを繰り返していれば、早めに症状に気づくことが可能ですので毎日10秒チェックをしてみるように心がけておくのがおススメです。まずは自分でできることからはじめて、気になる症状が出てきた場合にすぐカウンセリングに行けるように心の準備をしておき、健康な頭皮環境と毛髪を目指しましょう。