若い人の薄毛をストップさせる方法とは?

若ハゲと言われる若年性脱毛症

薄毛は老化現象の一つとして考えられている一方で、若くして薄毛が気になる男性が増えてきています。若年性脱毛症とは、だいたい10代~30代といったごく若い世代で見られる薄毛や脱毛の症状をいいます。

見た目が気になる若い男性にとっては、大きな悩みの種ではないでしょうか。

脱毛症は、早期に気付き、対処することで改善が可能です。また、心身のストレスの訴えでもあるので、もう一度ご自分の生活を振り返ってみると良いですね。

いまは、薄毛セルフチェックなどがあり、自分でチェックすることが可能です。ヘアクリニックも多くあるので、早めに専門の医師に診てもらうことをおすすめします。

頭皮環境の悪化とAGA発症

若年性脱毛症には、大きく2つの原因が考えられます。一つは、頭皮環境の悪化による脱毛です。頭皮の状態が健康であれば、毛髪も健康状態を保てます。主に、食事、睡眠、運動など生活習慣の乱れ、過労などの心身への負荷、過度なストレス、ヘアスタイリングなどの日用品、地肌トラブルなどの影響によって、頭皮環境が悪化してしまいます。

もう一つは、男性ホルモンの変化によるヘアサイクルの乱れです。加齢によって乱れる男性ホルモンですが、上記の生活習慣の乱れや心身のストレスから、男性ホルモン分泌に異常が現れることがあります。

この異常によって、毛髪の成長を遅らせ、さらには脱毛を促進させます。

若年性脱毛症の対処法

若年性脱毛症を改善するための対処法は、頭皮環境を良くすることと、男性ホルモンの分泌とヘアサイクルを正常にする必要があります。

頭皮環境を良くするためには、生活習慣を見直し、バランスの良い食事、過食、偏食をなくし、睡眠時間を確保、適度な運動、ストレスのない生活を送る努力が必要です。それと同時に、育毛剤の使用で頭皮環境を改善してみましょう。育毛剤で、今ある毛髪を強く丈夫にすること、そして発毛促進、さらなる脱毛予防を促します。

また、ヘアサイクルを正常にするためには、ヘアクリニックを受診してみることをおすすめします。より原因が明確に、そして個人にぴったりの処方で改善が望めます。

これ以上薄毛を進行させない方法とは

薄毛防止が出来る生活を習慣化しなければ、薄毛を止めることは出来ません。これ以上薄毛を進行させたくなければ、長期的視野でライフスタイルを改善していきましょう。

食事バランスに気を付けながら、特に多く摂取したいのは、毛髪形成に必要なタンパク質、亜鉛、ビタミンB、ビタミンCです。これらをしっかりと摂取してみましょう。

また、毛髪は寝ている間に成長することから、睡眠時間を確保し、さらに質のよい睡眠を習慣化させます。

あとは、頭皮にあったシャンプーなど日用品を変えてみましょう。正しい洗髪方法で、頭皮環境を整えます。専門の医師に相談すれば、これらの的確なアドバイスを受けることが出来るでしょう。