変わってきた…? 30代からの薄毛の原因と解決法

年齢と共に変化する、髪の毛事情

今までは気にもしていなかったのに、30代になったら髪の毛が細くなったり、量が減ってボリュームがなくなったりと、「薄毛」が目立つようになったというお悩みはありますよね。髪の毛はその人の印象を左右する大切な部分のため、お肌の変化と同じくらい敏感になるもの。ここでは、考えうる原因とそれぞれの解決方法をご紹介します。

栄養が足りていない! そんな髪の毛は痩せていく

1つ目に考えられるのは、髪の毛に栄養が足りていないということ。30代となると、働き盛りや子育てで、自分の食事、栄養管理をおろそかにしがち。それが積み重なると、髪の毛は痩せて細くなってしまいます。改善するためには、下記の3つの栄養素をバランス良く取り入れるように意識してみてください。


タンパク質

髪の毛が生成される主な成分。豆類や野菜などの植物性がより効果的!


亜鉛

ケラチンの合成に欠かせない亜鉛は、育毛と発毛を促してくれます。


ビタミンE

頭皮の血流を促進してくれる効果が。

蓄積された頭皮への負担

頭皮に対して長期的に負担をかけてしまうと、血行が悪くなったり刺激を与えてしまうため薄毛の原因に。「負担」の具体例と、改善策も一緒にチェックしてみましょう。


しょっちゅう髪の毛をきつく結んでいる

結ぶことで邪魔にならない利点はありますが、髪の毛が引っ張られる状態にあるため、負担は大きいです。回数を減らしたり、緩めに結ぶなどして改善しましょう。


カラーやパーマを頻繁にする

おしゃれのためのカラーやパーマも薄毛の原因と考えられます。例えば、ハイトーンをやめてカラーの回数を減らしたり、優しい薬剤を使用してもらうなど、美容師さんと相談しながら変えてみるのも手です。


普段の洗い、すすぎを見直してみる

髪の毛の洗いやすすぎが足りていないと、シャンプーやトリートメントが頭皮に詰まり、必要な栄養が届かない可能性もあります。これを機に、今一度、普段のヘアケア方法を見直してみてはいかがでしょうか。

まとめ

日々の食事や、何気なく繰り返していることが薄毛の原因だったかもしれません。上記のポイントをそれぞれ見直し、健やかな頭皮、毛髪を作っていきましょう!