諦めないで!50代の薄毛だって改善可能です

薄毛の原因はかなり解明されています

年齢だから、遺伝だから、体質だから…と年々髪が薄くなっていくのを諦めていませんか? 実は現在では薄毛の原因は科学的にかなり解明されていて、効果的な治療法も次々に開発されています。正しく対処をすれば薄毛が改善されることもわかっています。

人生100年とも言われるこれからの時代、50代だからといって諦めるのはまだ早すぎるのではないでしょうか。薄毛の原因を把握して、正しい対処法を検討してみましょう。

ホルモンバランスの崩れに気をつけて

50代の薄毛の原因としてあげられるのはホルモンバランスの崩れです。男性ホルモンのテストステロンが5-aリラクターゼという酵素と結びつき、抜け毛を強力に誘発するジヒドロテストロンというホルモンを生み出すことで男性型脱毛症(AGA)を発症することがあります。AGAの場合、このジヒドロテストロンを抑制する効果のある育毛剤を塗布することで徐々に薄毛が改善していきます。

女性の場合は女性ホルモンのエストロゲンの減少が原因になっていることがあります。エストロゲンは髪を成長させる効果がありますが、更年期に差し掛かる40代でその量がガクンと大幅に減ってしまうのです。

注意すべきは女性でも男性型脱毛症になりますし、男性でもエストロゲンの減少によって薄毛になることがあるということ。薄毛の原因は何か、専門家の力を借りて原因を特定するようにしましょう。

頭皮を老化させない

もう一つ重要なのが頭皮の老化です。加齢によって頭皮まで十分な量の血液が届かなくなると、コラーゲンが減り、髪の毛を生やす役割を持つ毛包が縮小していきます。頭皮ケアを放置すると毛穴が消滅してしまうのです。そうなる前にできるだけ早く頭皮のケアを始めましょう。

頭皮の血行を良くするためには毎日の頭皮マッサージが効果的です。その際に血管を広げ、血行を促進する成分(センブリエキス、カンゾウエキス)が含まれた育毛剤を使用すると効果が高まるでしょう。

また肌と同じように頭皮も乾燥を避け、十分に保湿するよう注意してください。乾燥によるフケ、皮脂の過剰分泌を防ぎましょう。

間違ったケアで時間を無駄にしない

薄毛は自然な老化現象であるとも言えますが、普段の生活で改善できることなのですから、ぜひ諦めずに取り組んで欲しいと思います。

深刻な悩みである場合は、一度ヘアケア専門クリニックの受診をオススメします。診察と血液検査でホルモンバランスを調べ、必要な成分を含んだ育毛剤が処方されますから、高い効果が期待できます。

AGAであるのに女性ホルモンに似た働きを持つイソフラボンを摂ってしまっていた、自己流で間違った頭皮のケアそ続けてしまったなど、時間とお金を無駄にしないためにも早めに、そして正しく対処してみてください。