薄毛治療に保険は適応されるのか?賢く安く薄毛を治療する方法をご紹介!

薄毛治療は保険が使える?

薄毛が気になる人にとって、髪の変化は深刻な問題。「昔のような髪型に戻したい!」と薄毛治療を考える人は多くいます。そこで気になるのが治療にかかる費用。実は、薄毛の種類によって保険適応とそうでない治療があるのです。

脂漏性脱毛症やひこう性脱毛症、円形脱毛症などの皮膚疾患や免疫不全などの治療の場合は保険が適応されますが、多くの男性が悩んでいるAGAなどの薄毛治療は、直接生命に関わる治療ではない為、美容整形などと同様に保険適応外治療となります。

全額自己負担の治療となると躊躇してしまいますね。

AGA治療費はどれくらい?

遺伝やホルモンバランス、加齢などによる薄毛で悩む人が薄毛治療をすると、どれくらい費用がかかるのか気になりますよね。そこで一般的なAGAの薄毛治療方法と費用をご紹介します。

薬による治療

男性の薄毛治療で一般に使われる飲み薬が「プロぺシア」という薬です。プロペシアの相場は1ヵ月で7,000円~10,000円。AGA治療ではこの薬を使用することが多いようです。


発毛注射による治療

発毛に有効的な成分を頭皮に注射する治療方法。直接有効成分を注入するので発毛には効果的な治療とされています。費用は病院により様々ですが、一般的に1回10,000円~

40,000円程度。月に数回打つ必要があります。



植毛による治療

髪の採取方法や植毛の範囲により費用は変わります。一般的に言われている相場は数十万円から多い場合は百万円を超える場合もあるようです。

保険適応外でも治療費を安くする方法がある!

保険適応外の薄毛治療は、経済的な負担が大きい!治療費の負担が少しでも軽くなれば嬉しいですよね。そこで保険適応外でも治療費を安くできる方法をご紹介します。


医療費控除制度の活用

医療費控除とは確定申告をすることで前年度にかかった医療費の一部が戻ってくる制度です。AGA治療でも一部、費用が戻ってくる場合があります。高額な治療費の場合は戻ってくる金額も大きくなるため、見落とせない制度です。


ジェネリック医薬品の使用

薄毛治療で処方される「プロペシア」と同様の成分で同じ効果が期待できるジェネリック医薬品があります。ジェネリック医薬品であれば、年間に換算すると1万円以上安くなります。


無料カウンセリングの活用

内服薬での治療を行う場合、処方される薬はどこのクリニックでもさほど変わりはありません。ですので、まずは無料カウンセリングを複数受けて、治療費の比較をしてみると良いでしょう。


内服薬の治療

「効果はゆっくりでもいいので、治療費を抑えたい!」と言う人は、内服薬の治療から始めることをおススメします。内服薬治療は1~2年かかりますが、早期の効果が期待できる治療と比べると費用は安く抑えられます。

いつまでも若々しくいるために

薄毛治療には、安くはない治療費がつきものです。少しでも負担を軽くするために、ちょっと工夫をして賢く費用を抑えるといいですね。

いつまでも若々しくイキイキと生活するために、適切な専門機関を見つけて、薄毛の悩みを吹き飛ばしましょう!