本当に薄毛に効くの?サプリの真実をお話しします

サプリで薄毛は止まらない?

最近薄毛が気になるというアナタ。なんとか元に戻したい、少なくともこれ以上は進行させたくないと思っていることでしょう。その改善策としてサプリでも摂って発毛を促そうと考えているのなら、ちょっと待ってください。そのサプリ、買っても全く効かないかもしれませんよ?もちろん、効くかもしれませんが、結果はやってみなければわかりません。特定のサプリについてどうこう言っているのではなく、サプリそのものの話をしているわけですが、商品として売られているのに、なんでそんなに効果が不透明なのでしょうか。

サプリは栄養補給にすぎない

なぜサプリを摂っただけでは薄毛が止まるかわからないのか。理由は簡単です、サプリはお薬ではないからです。お薬ではなく、食品なのです。別の言い方をすれば栄養補給剤です。育毛サプリですから、薄毛を予防し得る、発毛に効果があると言われている栄養成分の補給がその役目。育毛サプリの成分表を見てみると「亜鉛」とか「大豆イソフラボン」とか「ビタミン~」とかあると思いますが、これらはすべて育毛に良いとされる栄養成分であり、すべて普段の食事でも摂取できるものです。サプリとは、普段の食生活で不足になっている栄養成分を、錠剤にして摂取しやすくし栄養を補ってもらうというものなのです。それを多くの人が「薬」と勘違いしている食品なのですね。もちろん、含まれている成分自体は発毛を促進するとされている成分ですので、それによって効果が表れる場合はあるでしょう。でも、それはサプリを取った人すべてではありません。なぜでしょうか?

薄毛の原因は一つではない

薄毛の原因は、・遺伝・男性ホルモン・ストレス・生活習慣と言われています。この中の生活習慣、主に食事ですが、食事が偏ると、頭髪の生成に必要なビタミンやミネラルといった成分が頭髪に十分に行き届かなくなる場合があります。それが新しい毛髪を育てにくくし、結果、薄毛になるということです。薄毛の原因が生活習慣によるものであれば、サプリで改善できる余地は十分あるでしょう。しかし、他の、あるいは複合的な要因だとすれば、サプリで栄養を補ったところで意味がないということです。また、偏った食事が原因という人でも、サプリを摂ったところで、通常の食事が相変わらず栄養が偏っていれば、それも意味はないということになります。

サプリとうまく付き合えば薄毛改善もできる?

筆者は別にサプリなんか摂るなと言っているわけではなく、サプリはどういうものなのかを知ってもらいたいだけです。知ったうえでうまく付き合ってほしいのです。また、遺伝や男性ホルモンについては仕方ないとしても、ストレスや生活習慣については改善の余地はあるはずです。サプリの効果を発揮させるためにも、ご自身の生活習慣を振り返ってみて、問題があるとすれば見直しされてみてはいかがでしょうか。それが最良の薄毛の改善策かもしれませんよ?