薄毛改善のために禁酒をおすすめする理由!

アセトアルデヒドについて

仕事や作業の後に一杯のお酒を飲んでリラックス……。それは気分の良い時間ではありますが、アルコール摂取は薄毛の原因になりやすいという説があります。

アルコールは肝臓に負担をかけやすいからです。お酒を飲めば、肝臓がアルコールを分解するために、アセトアルデヒドという物質を発生させます。これは髪の毛にあまり良いものではありません。しかし普通の場合なら、アセトアルデヒドも肝臓でさらに分解されるので、無害になります。けれども、例外もあるのです。それは深酒をした場合。限界を超えてアルコールを摂取すると、困った事態に!

アセトアルデヒドの分解が間に合わないとどうなる?

深酒をしたり、体調の悪いときに飲酒をすると、肝臓の中でアセトアルデヒドの分解が困難になります。するとそれが血液に含まれ、体内にめぐることになるのです。これはあまり良い現象ではありません。

アセトアルデヒドにはDHTという抜け毛の原因になるホルモンを増やしてしまう作用があるのです。つまり「飲酒量が多い」「肝臓でアセトアルデヒドの分解が間に合わない」「血液に乗ってアセトアルデヒドが体内に回る」「DHTが増え、抜け毛を促進し薄毛になる」という悪循環が指摘されています。

それを防ぐには、ずばり禁酒をすることです。

節酒より禁酒をしよう!

「程度をわきまえての節酒ならいいでしょう?」と言う人もいますが、ここは禁酒のほうをおすすめします。なぜならば、人間は誘惑に弱いもの。一杯のついでに二杯から三杯と続けない自信はありますか?

アルコール依存症の治療でも、節酒は除外されます。やはり一口でもお酒を飲んでしまうと、自制心が緩くなってしまうからです。そこまで極端ではない、と思われるかもしれませんが、ここは真面目に禁酒をしましょう。そして別のリラックス方法を探すとさらに良いです。

薄毛の原因はさまざまですが、不安要素の強いものは避けたほうが賢明ですね。

テストステロンはマルチプレイヤー

それでは、禁酒をしてDHTを抑制すると、どのような効果があるのでしょうか?

DHTの働きが弱まると、今度は脱毛を防ぐホルモンであるテストステロンが増えやすくなります。テストステロンは髪の毛以外にも、骨や血管の健康を守ったりするというマルチプレイヤーなのです。健康にも良い作用をするので、ぜひテストステロンを増やしたいものですね!

このように、禁酒の理論を知って薄毛の原因を除去し、健康な毎日を楽しめば、ストレスも減って育毛に良い影響が出るでしょう。お酒は魅力がありますが、それ以上に豊かな髪を望む意思を、大切にしたいものです。