50代からの薄毛対策はコレで決まり!?男女別に原因と対策をご紹介!

50代の薄毛、原因は?

年齢を重ねてくると、男性も女性も薄毛が気になりますよね。男性と女性では薄毛の原因が異なり、それぞれ以下のようなことが原因と考えられます。


50代男性の薄毛の原因

50代男性の薄毛の原因は、大きく分けて「AGA(男性型脱毛症)によるもの」「頭皮環境によるもの」の2つがあります。AGAとは、男性ホルモンのテストステロンが酵素の働きによって変化した「ジヒドロテストステロン(DHT)」によって髪が抜けやすくなり、薄毛になってしまう症状です。


頭皮環境は、加齢によるコラーゲンの減少や頭皮の老化、血行不良などによって悪くなります。頭皮に含まれるコラーゲンの量が減ったり、血行が悪くなったりすると、髪の毛を生やすための毛包が小さく縮んでしまい、最終的には毛穴がどんどん小さくなり、なくなってしまいます。毛穴が完全になくなってしまうと髪の毛は二度と生えてこなくなってしまうのです。


50代女性の薄毛の原因

50代ごろは、女性にとっては閉経が起こる時期です。閉経に伴って急激に女性ホルモンが減少し、そのために女性に特有の脱毛症である「びまん性脱毛症」を発症することが多いです。びまん性脱毛症では徐々に髪の毛が細くなり、そのまま放っておくと進行して地肌が透けてしまうほど髪の毛のボリュームが減ってしまいます。

50代からの薄毛対策【男性編】

50代男性の薄毛対策は、「AGA対策」と「頭皮環境の改善」の両面から行っていく必要があります。


・AGA対策…AGA対策用の育毛シャンプーや育毛剤を使う、専門の病院に通う

・頭皮環境の改善…運動不足や喫煙、過度な飲酒などを改善し、規則正しい生活を送る


AGA対策は、DHTを発生させないように酵素の働きを阻害する必要があります。これは生活習慣で改善されるものではありませんので、育毛シャンプーや育毛剤を使ったり、専門の病院に通って体に合った薬剤を処方してもらうことで改善できます。

50代からの薄毛対策【女性編】

50代女性の薄毛対策は、「女性ホルモンを補充する」「髪の毛に栄養が十分行き渡るようにする」ことの2つがあります。


・女性ホルモンの補充…専門の病院で治療する

・髪の毛に栄養が行き渡るようにする…適度な運動をしたり、頭皮をマッサージしたりする


女性ホルモンの補充は、自分で行えるものではありません。そこで、専門の病院で診察してもらい、ホルモン補充療法を行ってもらうのがおすすめです。また、髪の毛に栄養が行き渡るようにするためには、適度な運動で血行をよくするのがよいでしょう。また、運動でよくなった血行をまた悪くさせないためにも、ストレスをためないようにしましょう。

まとめ

薄毛の原因は、男性と女性で異なります。50代からはとくに、加齢による体の変化が顕著になってくる時期でもあります。自分に合った対策を心がけ、薄毛治療に取り組みましょう。