薄毛の原因をきちんと理解しておこう

気になる薄毛の原因

薄毛について多少気になっているものの、特に自分の中で原因は見当たらないし、毎日ちょっとしたケアはしているつもり・・・。そんな気持ちの方も多いのではないでしょうか。髪の毛の悩みでわざわざ病院に行くなんて気が引けるし、なんとなく嫌だと感じるのも当たり前の感情です。しかし、薄毛の原因は自分で把握するのは難しいものですので、プロの意見やきちんとした検査を受けることは後々の自分の髪に関わってきます。将来的な毛髪への投資と考えても良いのではないでしょうか。とにかく、薄毛の原因を突き止めないことには正しい対策もできません。

原因究明の方法

正しい原因究明の為には医師の診断が必要不可欠です。では、実際病院ではどういった診断が行われるのでしょうか。一般的なものとして、血液検査などををするとホルモン値の確認ができますし、現在の毛髪や頭皮の状況の診断、今後の薄毛の進行についての予測、果ては気になる遺伝子の検査まで行うことも可能になっています。自分では分からなかった原因を突き止めることで今後のケア方法や必要になってくる治療を把握することができるので安心することもできるでしょう。少しでも不安を抱く場合は、カウンセリングで相談してみてくださいね。

ストレスが薄毛の原因に?

ストレスで毛髪を失う、という話は誰でも聞いたことがあるのではないでしょうか。恐ろしいですが、これは本当のことなのです。実際私たちが考えているよりも、ストレスが体に与える影響はとても深刻なのです。ストレス状態に置かれると心拍数や血圧が上がったり、血管や心臓に負担がかかかるとともに交感神経が普通に働かなくなったりします。ホルモンに与える影響も大きいので、薄毛の直接の原因ともいえるでしょう。ストレスの解消は健康的な生活を送る上でも大変重要になってきますので、髪の毛にハリコシがなくなってきた場合にも1番に気を付けたいことです。

なんと、喫煙者である場合は薄毛が進行する?

意外な盲点ですが、喫煙者の方は薄毛に要注意です。百害あって一利なしともいいますが、なんと髪にまで影響があるとは気づきにくいのではないでしょうか。ご存じのとおり、喫煙することにより全身の血流が阻害される為、髪に必要な栄養が届かないということになってしまうのです。もちろん、臓器に与える影響も多大なものですので、身体の中の毒素をなかなか排出できなくなり、なんだか体の調子が良くない、スッキリしない、という感じが生まれることも。全身のめぐりを良くすることも健康的な毛髪を保つ上で重要なことです。