もしもハゲが治らなかったら?想像したくない事実は、こう受け入れる

そのコンプレックス、被害妄想かも?

世の中は、受け入れ難い事実で溢れています。経済的な問題から始まり、自身の恵まれない環境や外見など、数え上げればきりがありません。そして最近では、マウンティングと呼ばれる概念も耳にするようになりました。社会的な地位を他者と比べ優越感に浸る方もいれば、SNSのフォロワー数でその人との付き合いを考えるなど、外面だけで自身と他者の価値を測る。そんな思考に陥り一喜一憂する方は、案外多いものです。そして頭髪環境も、マウンティングの要素として用いられがちです。しかしその比較対象、実は薄毛に悩む方限定の被害妄想かもしれません。

若者世代からの10年

美容室のヘアカタログには、ハイセンスなカットモデルばかりが掲載されています。若者を対象としており、毛量が少ないモデルはあまり目にしません。10代後半から20代前半までは、センスの良い外見に憧れる方が大半。自身の髪が薄くなる、ましてやハゲるなんて想像だにしません。ある意味夢見る世代であり、女性への意識・関心も非常に高い年頃と言えます。しかし10年後はどうでしょう?ある程度社会経験も豊富になり、女性を見る目も養われてきます。要は自身がどのような人間であるかを少しずつ理解でき、外見よりも内面の充実を重要視するようになるのです。

内面を成熟させよう

上記の成長過程は、健全な社会生活を過ごしていればの話です。薄毛の方なんて、街を見渡せば容易に見つけることができます。目を凝らせば、スキンヘッドの男性と楽しそうに話す女性を見かけるかもしれません。薄毛に悩む方から見れば、なせあんなに幸せに過ごせるのか疑問に思うことでしょう。しかしその光景は、実に理に適ったものなのです。外見を気にしない同士のカップルは意外に多く、かつ内面の成熟度の高さにお互い魅力を感じています。要は、内面の魅力が外見に勝っているのです。そんなカップルたちも、以前は外見を重視してパートナーを選んでいたことでしょう。

内面の充実はマウンティングに勝る

外見ではなく内面でパートナーを選ぶ。これはある意味、成長と老いを受け入れることでもあります。人は、必ず老いを受け入れなければならない日が来ます。特に女性は結婚や出産などを経験するので、早い段階でその覚悟を受容しなければなりません。男性よりも、女性がマウンティングにこだわるのはそのためでしょう。さて、これまでの話をまとめます。薄毛に悩んでいる方こそ、自身の内面に目を向けてください。打ち込める趣味を探すのも良し、ジムで体と精神を鍛えるのも良し。オンリーワンの長所さえ手に入れれば、薄毛へのコンプレックスも徐々に消えていくことでしょう。