うす毛の原因の噂を検証!メカニズムを正しく理解していますか?

うす毛についてのあの噂は本当?

男性なら誰でも気になる薄毛の症状。よく言われているような筋トレが原因でハゲる、脂性の人はハゲやすいなどよく分からない噂や説がネット上にもよく流れているので、気になったことがる方も多いのではないでしょうか。昔はワカメが育毛に良いとも言われていましたね。信憑性に欠けるものから、なんとなくそうかも知れない・・・など納得してしまいそうになるものまで様々ですが、うす毛のメカニズムについてよく理解しておけば惑わされることもありません。薄毛についてはなかなか正しい知識を持っている方が多くないので1度おさらいをしていきましょう。

気になる筋トレについて

ダイエットや健康維持、体形のキープの為に筋トレをしているという方も多いのではないでしょうか。運動は体に良いので是非続けていきたいものですが、筋トレで男性ホルモンが増えて薄毛の原因になるという話を耳にしたことがある人もいるはずです。では、実際のところ男性ホルモンは薄毛に関係あがるのでしょうか。答えは「NO」です。筋トレなどによる男性ホルモンの分泌については心配する必要はありません。むしろ、男性ホルモンが正しく分泌されないと、うつ症状や不眠の原因になることもあり、健康的な生活を送ることができなくなってしまいます。

男性ホルモンに気を付けなければならない人もいる

基本的に男性ホルモンについてはうす毛の直接的な原因になることはありませんが、AGA(男性型脱毛症)と診断された方に関しては話が違います。もちろん、AGAだとしても男性ホルモンが頭皮に悪影響を与えているわけではありませんが、男性ホルモンが引き金となって、脱毛を起こすホルモンを出してしまうことになるのは事実なのです。結局のところ、そのホルモンが原因でうす毛の症状が起こってしまうというわけです。つまり、男性ホルモンが直接の原因ではないので、筋トレなどをやめる必要はまったくないということです。

男性ホルモンはそのままでいいの?

AGAの治療は大元の男性ホルモンを抑え込むというわけではなく、「脱毛酵素」というものに対してアタックをしていきます。AGAの治療薬はこの脱毛酵素の力を弱めて脱毛自体を防ぎ、健康な髪を育てていこうというものなのです。つまり、髪を生やす薬ではないということです。もちろん、発毛を促す薬も存在しますが、まずは原因を取り除かなければいくら発毛させても抜けてしまうというわけです。AGAの場合はこういったメカニズムに基づいて治療を進めていきますので、治療の内容を理解しながら成果を感じることができるでしょう。