薄毛治療って本当に効果があるの?効果が実感できるまでの期間を男女別に紹介

薄毛治療って本当に効果があるの?【男性編】

男性の薄毛治療は、AGA(男性型脱毛症)の治療です。AGAを発症すると髪の毛の育つ周期が阻害され、十分に太く育たなくなってしまいます。そこで、AGAを引き起こす物質ができるのを防ぎ、髪の毛の育つ周期を正常に戻し、抜け毛を防ぐとともに毛が太く長くしっかり育つのを手助けするのがAGA治療の目的です。


AGA治療で主に行われるのは、「飲み薬」「塗り薬」の2つです。長期的に効果を得たい場合、毛髪を育てるための因子を含んだ「注射」による治療もありますが、どうしても飲み薬や塗り薬よりも高額になりがちですので、注射による治療は飲み薬や塗り薬の後で行うのがよいでしょう。


飲み薬や塗り薬、注射のいずれも早い人では3ヶ月目から効果が見られ、1年以内にはほとんどの人で効果が実感できます。

薄毛治療って本当に効果があるの?【女性編】

女性の薄毛治療の場合、生活習慣や食生活の乱れ、加齢による女性ホルモンの減少など、その原因はさまざまです。ですから、治療も投薬から生活指導まで多岐に渡ります。カウンセリングや血液検査、問診などで総合的に診察を行い、サプリメントや内服薬、生活指導などを含めた治療を行います。


早い人では3ヶ月、遅い人でも6ヶ月程度で効果が実感できる人が多いです。しかし、女性の薄毛治療の場合、男性よりもさらに個人差の大きい治療ですので、焦らず長く継続して治療していくことが必要です。とくに、内服薬のみで治療している人の場合、効果が実感できるまでに1年程度かかることもあります。

薄毛治療で効果が得られにくい人とは?

クリニックに通っての薄毛治療で効果が得られにくい人もいます。主に以下のような人は注意が必要です。


  • 1〜2回の治療で効果がないと思いこんでしまう
  • 市販の育毛剤で効果がないため、クリニックにかかっても無駄だと思いこんでしまう


まず、薄毛治療は一朝一夕に効果が得られるものではありません。個人差や治療法にもよりますが、最低でも3ヶ月以上は続けてみないと、効果が出るのが早い人であっても効果はわかりません。ですから、とくに内服薬や塗り薬で治療を行う場合は1〜2ヶ月で諦めず、3ヶ月〜半年程度は続けてみましょう。


また、市販の育毛剤で効果がなかったからクリニックでも同じ、と思い込んでしまうのも、大きな誤解です。市販の薬剤は、副作用が起こりにくいように、処方薬と比べてかなり弱い効果のものがほとんどです。そこで、クリニックで処方されるより強い効果のある薬剤を使うことで、薄毛が改善されることも少なくないのです。

まとめ

薄毛治療は治療を始めてすぐに効果が出るものではないため、不安になる人も少なくありません。しかし、焦りは禁物です。薄毛治療は1〜2ヶ月程度の短い期間ではなく、ときに半年〜1年という長い期間を必要とする治療です。また、市販薬よりも適切に効果のある薬を使うこともできます。焦らずゆっくり、長い目で治療を行っていきましょう。