育毛剤を使う前に出来ること・育毛のためのセルフケア

薄毛の主な原因を知ること

気になる薄毛の原因を見ていきましょう。薄毛の主な原因は、心身における過度なストレスによります。過労や睡眠不足、栄養バランスの崩れや喫煙、過度な飲酒など日々の生活習慣の不摂生によって、心身に大きな負荷がかかることが薄毛の原因です。

頭髪の健康を第一に考えて生活するということは、なかなか難しいことですが、心身の健康は頭髪の健康に繋がることからも、これまでの生活を振り返りながら健康的なライフスタイルへと改善していくことが大切ですね。

育毛を考えるとき、まず育毛剤に頼る前にしておきたいことは、規則正しい生活に少しずつでも戻すことが基本と考えましょう。

睡眠時間の確保で疲労とストレスからの解放

睡眠時間の確保と同時に、睡眠の質を上げるということも大切ですね。いずれも、毛髪への良い影響が期待され、毛髪の成長と質の向上には欠かせません。とくに、夜間の睡眠は毛髪の成長ホルモン分泌を促す大事な時間として、熟睡出来る睡眠の確保は必須です。

夜型の生活や過労によるストレス、不眠などは育毛の大敵です。どんな育毛剤を使っても、睡眠時間と睡眠の質を軽視してはなんの効果も期待出来ません。

毛髪を健康的に維持し、薄毛の進行を遅らせることと、育毛を促すことを同時に行いたい場合は、今一度これまでの睡眠の在り方を見直してみましょう。

頭皮を清潔に保つ努力をする

抜け毛が進行すると、その頭皮は汚れや皮脂で覆われて詰まりやすい状態になります。汚れや皮脂で毛穴がふさがってしまうと、毛髪がさらに生えにくくなり薄毛がさらに進行してしまいます。

毛穴を、毛髪が生えやすいようにスペースを確保する必要があるため、薄毛が気になる人は頭皮を清潔に保つ努力が必要です。暑い夏場、長時間のヘルメット着用など仕事上どうしても頭皮を清潔に保てない場合も、極力気を付けましょう。頭皮は、汗をかいたり、頭皮が蒸れた状態が続くことが薄毛の原因を作ります。

通気を良くすること、毎日シャンプーをすることを基本に頭皮を清潔に保ちましょう。

頭皮の血流を促進させる

頭皮を蒸れた状態を極力防ぐこと、通気を良くすることが頭皮を清潔に保つ大事な一つですね。頭皮の温度と湿度が過度に上昇しないことが、脱毛のこれ以上の進行を防ぎます。

また、頭部を過度に締め付けないことが大切です。育毛には、頭皮の血流促進が非常に重要です。頭皮を促すためにも、頭部を締め付ける帽子やヘルメットなどの着用時間をなるべく短くしたり、度々脱いで血流を促し、通気を良くするなど努力が必要です。

同時に、頭皮を優しくマッサージをして血流を良くします。マッサージは、シャンプー時が最も良いでしょう。指の腹で揉み込むように、血流を意識してマッサージしましょう。