夏の定番!海やプールと薄毛の関係

夏は大変!?基本的な薄毛の原因

夏と言えば、旅行や休暇、海水浴など楽しみも多いですが、薄毛の方にとっては汗で髪が張り付いたり、レジャー地や観光地など様々な場所の暑さ対策で髪が水に濡れる機会が多く、周囲の目を気にして過ごさなければならない大変厄介な季節です。そもそも薄毛は、男性ホルモンによる遺伝的なものや、偏食による栄養不足・慢性的な運動不足による血行不良・フケや汗、炎症を放置するなどの間違った頭皮ケアによる頭皮環境の乱れ・意外と見落としやすい睡眠不足や、ストレスなどの不調が長期間続くなどの生活習慣の乱れが原因で、引き起こされます。


海やプールは薄毛の大敵!?

海やプールには、塩分や塩素、雑菌が含まれているので、髪や頭皮の水分を奪い乾燥や頭皮環境の悪化を引き起こしたり、屋外の場合直射日光を長時間浴びてしまい強い紫外線のダメージをまともに受けるので、薄毛が気になる場合は避けた方が良いでしょう。誘ってくれた相手を傷つけないように体や家庭の事情など、どうしても行けない理由をつけてやんわりと断ります。嘘を吐きたくない方は、薄毛を正直に告白して行きたくないと言ってしまうのも手ですが、海やプールを毎年避け続けても根本的な解決にはならないので、薄毛自体を改善することをオススメします。

今こそ薄毛を根本的に改善しよう!

薄毛を予防するには、喫煙や飲酒をひかえ、髪の元となるタンパク質やビタミン、ミネラルなどをバランスの良い食事で摂取するよう心がける食生活の見直しや、良質な睡眠と適度な運動を取り入れるなど長期的な生活習慣の改善が基本です。頭皮環境を整え、抜け毛や薄毛を予防・改善する専用の育毛剤や発毛剤、頭皮に優しいシャンプーなどを取り入れて、健康的な育毛を促進することも心がけましょう。これらの薄毛の原因をしっかりと理解して改善する長期間のケアが一番ですが、急な誘いなどに対応できる一時的な対処方法もあります。

海やプールに来てしまったら…

どうしても断り切れなかった場合は、「水着を忘れた」「泳げない」「肌を焼きたい」などの理由で、バレーボールやスイカ割りなどの砂遊びに徹しましょう。帽子やタオルを被り、日焼け止めを塗るなど紫外線対策を充分に行うことで頭を気にせず、海に入らずとも夏を満喫できます。プールの場合はそうもいかないので、スイムキャップや野外でも違和感のないサーフハットを着用して頭部を隠しましょう。これらは、水に入る前提で作られている帽子なので、簡単にズレたり脱げることもなく、安心して水遊びを楽しむことができます。