円形脱毛症のチェック法

円形脱毛症の初期症状は?

円形脱毛症は頭髪に円形・楕円形に脱毛してしまうものです。大きさは10円玉から500円玉まであり、ストレスによって発症することが多いとされています。強いストレスを受け取ると、血管が収縮して毛根部分の粘膜が死んでしまい、突発的な脱毛が起きます。初期症状としては、頭部に地肌が見える箇所があったり、爪に小さな凹凸があり、アトピー性疾患を患っていたり、脱毛部分の境界が明確というものがあります。紹介した初期症状があり、枕に抜け毛が数本あったり、脱毛箇所付近の髪の毛が軽く引っ張っただけで無痛で抜けたりすると症状が進んでいる証拠です。

円形脱毛症の種類とは

円形脱毛症は多くの形があります。まずは突発的に広い年代において発生し、1年以内に治癒される「単発型」です。脱毛箇所が2つ以上発生し、治癒するのに2年近くかかる「多発型」もあります。「多発型」は脱毛箇所が広がることもあるので要注意です。そして、「蛇行型」は、複数の脱毛箇所が結合して蛇のように広がっています。「蛇行型」は、症状が増えることで脱毛箇所が頭部全体に進行し、「全頭型」に発展する可能性も出てきます。「全頭型」や、円形脱毛が頭髪含めて体毛全般に発生する「汎発型」は、治癒するのに長い時間がかかるので、ウィッグの着用を視野に入れる必要があります。

円形脱毛の治療法

円形脱毛症は適した治療を受けることで、改善する可能性が上昇します。急に頭部に脱毛箇所ができるというのは、大変な衝撃となることが多いです。如何に脱毛箇所を隠すのかということに囚われがちですが、まずはきちんとした治療をするのが先決です。治療を受けるには、きちんと皮膚科を受診して、適切な薬を処方してもらいましょう。男性型脱毛症や肥満などの治療は保険の対象外ですが、円形脱毛症はきちんと保険の対象になります。症状の重さによって、必要とされる薬は違います。もしも受診した皮膚科の医師に脱毛症の知識が少なくとも、紹介状を書いてもらって、適切な医師を紹介してもらうこともできます。円形脱毛症の治療法は、何を置いても医師による治療が大切です。

円形脱毛症の予防法

円形脱毛症はストレスによって生じることが多いものです。そのため、精神的ストレスも肉体的ストレスも発散できる定期的な運動がおすすめです。本格的な運動は時間の余裕や体力の問題で難しくとも、軽いジョギングやウォーキングでもストレス発散に繋がりますし、血行のめぐりも良くなります。ウォーキングならば、日常においても一駅先ならば電車ではなく徒歩を選んだり、エレベーターを使わずに階段を選ぶなど、運動を心がけてみましょう。また、円形脱毛症の予防には食生活も重要です。タンパク質を含む大豆製品や、亜鉛を含む緑黄色野菜を多く摂るのを意識してみるのもおすすめです。