薄毛にはこれ! 簡単に食事で改善・予防できる方法

まず、髪の毛を育成する栄養素はなにがある?

年齢を重ねるごとに、なんとなく髪の毛にハリツヤがなくなった、細くなったなど、「薄毛」の悩みはありますよね。そんな悩みを改善するために、日々の食事を改善してみるのはいかがでしょうか? ではまず、そもそも髪の毛を育成する栄養素はどんなものがあるのかチェックしてみましょう。


タンパク質

髪の毛が生成される主な成分は、タンパク質。およそ18種類のアミノ酸が結合してできたケラチンというタンパク質で形成されているので、これが不足することで髪の毛が細くなってしまうのです。タンパク質というと、動物性、植物性とありますが、豆類や野菜などの植物性がより効果的になります。


亜鉛

ケラチンの合成に欠かせない亜鉛。髪の毛の新陳代謝を高め、育毛と発毛を促してくれます。


ビタミンE

健康な頭皮には健康な髪の毛が宿ると言われているように、頭皮環境も髪の毛にとって大切なもの。ビタミンEは頭皮の血流を促進してくれる効果があります。

これは避けたい! 育毛を妨げる食事

髪の毛にとって必要な栄養素を学んだら、逆に避けておくべき食材もチェックしておきましょう。


【1】多量な刺激物

少量なら問題ありませんが、辛いものやカフェインなどの刺激物を多量摂取すると、頭皮や髪の毛に悪影響が。辛いもので汗をかき、頭皮の毛穴が詰まってしまうことなどが挙げられます。


【2】多量な塩分

濃い味が好き! と言わんばかりに、塩分を多く摂っている人も改善をお勧めします。過剰な塩分は血流を滞らせ、血液がドロドロに。そうすると、栄養が髪の毛にまで届かなくなってしまうのです。


【3】脂肪分の多い食事

皮脂を過剰に生んでしまう脂肪分の多い食事。これが頭皮の皮脂詰まりにつながってしまうのです。

育毛を後押し! 簡単にできる料理

では次に、必要な栄養素を取り入れた簡単にできる料理をご紹介します。


野菜と豆のサラダ

ミックスビーンズに、一口大に切ったトマトときゅうりを用意。そこに、塩胡椒少々、オリーブオイルをひとまわし。植物性タンパク質と、オリーブオイルに含まれるビタミンEを摂取できます。


ほうれん草のオムレツ

栄養素が豊富に含まれているほうれん草と、タンパク質やビタミン、ミネラルを含んだ卵で作るオムレツがお勧め! 更に、オムレツにかけるケチャップからもトマトの栄養素が摂取できます。

まとめ

髪の毛に良い食事について、いかがでしたか? 良質なタンパク質や亜鉛、ビタミンEを摂取しながら、過剰な脂肪分や刺激物を控えるのは、髪の毛のみならず、生活習慣病の予防にもなるので是非取り入れたいですね。