食べ物が薄毛に影響?薄毛の予防・改善ができる食生活とは?

誰にでもスグできる薄毛対策

髪の毛は人の印象を大きく左右する重要ポイント。いつまでも若々しくいるために、薄毛対策は重要ですね。薄毛の主な原因は遺伝と言われていますが、他にもストレスやホルモンバランス、食生活など原因は様々あります。なかでも意外と軽視されがちなのが食生活、「食べ物でそんなに変わらないだろう」なんて考えは危険!日頃の偏った食生活は薄毛を進行させてしまう大きな原因となってしまうのです。毎日の食事ならばスグにでも改善できますよね!薄毛が気になる人は、まず、食生活から見直してみましょう。

薄毛に効果的な栄養素と食材

髪の毛の大部分はタンパク質で作られていますが、他にも髪に必要な栄養素はたくさんあります。そこで髪に良い栄養素と食材をご紹介します。


タンパク質

髪の毛の約90%はケラスチンというタンパク質で生成されています。薄毛の予防・改善にはタンパク質は欠かせない栄養素。良質なタンパク質が多く含まれている納豆や豆腐を積極的に摂りましょう。


ミネラル

ミネラルは髪を生成する重要な成分であるケラスチンを合成する働きがあるため、タンパク質と同様に髪には欠かせない栄養素。肉類、魚類、貝類に多く含まれているので日頃からバランスよく摂るように心がけましょう。


亜鉛

ミネラルの一種である亜鉛はミネラルの中でも最も髪の毛に重要な栄養素の一つで、ケラチン生成をサポートします。牡蠣やレバーに多く含まれています。


ビタミン

ビタミンは髪に必要な栄養素の働きをサポートしたり、頭皮の新陳代謝を整えたりします。レモンやみかん、緑黄色野菜も忘れずに摂りましょう。

薄毛に大敵な食べ物とは?

髪に良い食べ物がある一方で、髪に悪い食べ物もあります。日頃からなんとなしに食べている物が薄毛の原因になっているかもしれません。次のような食べ物は日頃から控えるように心がけましょう。

糖分が多い食べ物

糖分を多く摂取すると血糖値が上昇します。この状態が続くと血流が悪くなり、髪の毛の成長が止まってしまうことがあります。


脂っこい食べ物

脂を多量に摂取すると、皮脂が過剰に分泌され、頭皮が詰まりやすくなってしまします。また血流も悪くなるため髪の成長が阻害されることもあります。


化学調味料が多く含まれる物

化学調味料は旨味調味料とも呼ばれ、コンビニなどの食品には多く含まれています。摂り過ぎると栄養に偏りが生じ、髪の毛に必要な栄養素が不足してしまうため、髪の成長に支障をきたすと考えられます。


まとめ

いかがでしたか?食べ物による薄毛対策であればスグにでも始められそうですね。

食生活を改善すれば、薄毛対策だけではなく、体全体にもよい効果が期待できます。日頃から食生活の乱れを感じている人は、食生活の見直しから始めてみてはいかがですか。