シャンプーを正しく選んで、育毛剤を効果的に使おう!

育毛剤に望むのことはとてもシンプル

なぜ育毛剤を使うのかとは、あまり深く考えなくても答えはすぐに出せますよね?「豊かな髪になりたいから」と即答できる人が多いと思います。これ以外にいくつもの理由を出せないでしょう。つまり、髪と育毛剤の関係は、とてもシンプルなのです。だからこそ、あまり手を加えずにしてください。今や情報化社会ですし、ネットを使えば無数の育毛に関する記事がヒットします。しかし育毛剤に使えるヒントには、あまりバリエーションがないのです。単純なケアを地道に続けることが、育毛剤の効果を高める唯一の方法と言えましょう。

シリコンシャンプーは育毛の邪魔?

ドラッグストアに多く売られている「シリコンシャンプー」というものがあります。これは髪のツヤを出すことを目的とした商品で、もはや市販されているシャンプーの半数近くを占めるとすら言われています。ところが、シリコンシャンプーは「水に溶けにくい」という困ったクセがあります。そのため、相当すすがないと頭皮の毛穴にシャンプー成分が残ってしまうのです。こうなると育毛剤の浸透にも影響が出やすくなってしまい、せっかくの育毛ケアが不十分になる可能性が高まります。普段使いのシャンプーは、ノンシリコンのものを選びましょう。

美容院ご推薦のシャンプーはいらない

美容院で販売されている、プロが使うシャンプーも、実は必要がないものが多いのです。それらは美容師が商売として使用する道具なので、効果的に使うにはそれなりのテクニックが求められます。入念なすすぎやていねいブローが出来て、初めて美髪を創り出すことができるのです。アマチュアが自宅の浴室で再現が可能かというと、かなり難しいでしょう。洗い残しによる弊害が懸念されます。実際に美容院で使用されているシャンプーを、高額で買った人は「毎回とても手間と時間がかかるので、途中で使うのをやめてしまった」と話していました。

体質に問題がなければ安価なシャンプーでいい

高級だったり、ノンシリコンのシャンプーは、扱いづらいと感じられるのが問題です。もちろん、毎回の入浴ごとに入念なすすぎが苦ではないというタイプなら大丈夫です。また、アレルギーがあったり、敏感肌の人は、シャンプー選びに慎重になりましょう。ただし、特に体質に問題がなければ、ドラッグストアで普通に売られているノンシリコンシャンプーで大丈夫です。それでもっかりすすぎをして、きちんと乾かすことを忘れずに。育毛剤は清潔で乾燥した地肌を好みます。シャンプーではなく、育毛剤重視でヘアケアをしましょうね。