髪を元気に美しく!毎日のヘアケアで、意外と見落としやすい大切なこと

ヘアケアは、頭皮ケア!

ヘアケアというと、どんなことを思い浮かべますか?髪をきれいに洗ったり、うるおいやツヤを持たせるためにトリートメントをしたり…。“髪の毛”そのもののお手入れを想像する人が多いのではないでしょうか?しかし、今生えている髪の毛は、実は既に死んだ細胞のかたまり!そのため、1度生えた髪を健康な状態に戻すことはできないのです。健康で美しい髪を手に入れるためには、新しい細胞が作られる“頭皮”や“毛穴”をケアし、1本1本を丈夫に育てることが大切。しっかり頭皮ケアをすることで、薄毛や抜け毛を予防することもできますよ。

汚れを浮かせ、血行促進!「ブラッシング」

ブラッシングは美髪の基本!昔から髪のお手入れといえば、櫛で髪を丁寧に梳かすこと。ところが、最近はドライヤーやヘアアイロンなどを使うことが多く、ブラッシングをしない人も多いかもしれませんね。しかし、ブラッシングには頭皮の汚れを浮かせ、血行を促進する効果が!薄毛予防やきれいな髪の毛を育てるためにとっても効果的なんです。ぜひ毎日のシャンプー前や、朝のお出かけ前にブラッシングをしてみましょう。櫛やブラシは、木や動物の毛など、天然の素材で作られたものがおすすめ。プラスチックだと静電気が起こりやすく、髪を痛めることもあるので注意しましょう。

優しく丁寧に「シャンプー」

シャンプーは頭皮を洗うもの!髪の毛の汚れは、シャンプーをお湯で流す時にほとんど落ちるので、髪をゴシゴシ洗う必要はありません。まずブラッシングをして頭皮の汚れを落としやすくしてから、ぬるま湯で頭皮をよくすすぎ、その後丁寧にシャンプーしましょう。爪が伸びていると頭皮を傷つけたり、洗い残したりしてしまうので注意!また、熱いお湯で洗う・ゴシゴシ力いっぱい洗う・1日に何度も洗う、というシャンプーの仕方は、かえって皮脂を出してしまい毛穴を詰まらせてしまう原因に。「優しく」「丁寧に」を心がけてシャンプーしましょう。

熱や紫外線から頭皮を守ろう!

意外と見落としがちなのが、様々な外的刺激。日差しが強い日、顔や体には日焼け止めを塗ったり帽子を被ったりして紫外線対策をしますよね。また、ドライヤーの熱風を顔や体に吹き付ける人はいないはず。頭皮も皮膚の一部です。顔や体と同じように、紫外線や熱からしっかり守ってあげましょう。頭皮に日焼け止めは塗れないので、なるべく帽子を被ったり日傘を差したりして紫外線をカット。ドライヤーも地肌が熱くなりすぎないよう、頭から少し離し、一ヶ所に集中してドライヤーを当てすぎないように注意しましょう。頭皮も顔と同じように手をかけてあげて下さいね。