育毛剤より効果的?毛活習慣に適した食材3選!

毛活習慣を始めよう

もしもあなたが薄毛を発見したら、最初にどんな対策を行いますか?おそらくほとんどの方が、育毛剤などを塗布し経過を見ることでしょう。しかし薄毛の原因は様々で、AGA(男性型脱毛症)や日々の生活習慣など、数え上げればきりがありません。また、様々な要因の重なりが薄毛を招くこともあるので、頭髪環境に悪影響な習慣を減らし、毛活習慣に繋がるライフスタイルを心がけることが大切です。これから、毛活習慣に特化した3つの食材についてご紹介したいと思います。ぜひ最後までご覧頂き、今後の薄毛対策の参考にしてくださいね。

カボチャで髪の毛を健康に

薄毛に効く食材は、私たちが思うよりも多く存在します。そして毛活に適した食材の中でも最初にお薦めしたいのが、βカロチンを多く含むカボチャです。βカロチンには強い抗酸化作用があり、皮膚の抵抗力を高め、髪の毛を健康に保つ効果があると言われています。またカボチャの種には、亜鉛やミネラルが豊富に含まれていることで有名。これらは髪の毛にとって重要な栄養素になるので、残さず食べるよう心がけてください。カボチャの種の調理方法ですが、種を水洗いし自然乾燥させた後に、弱火で煎じることで美味しく頂くことができます。

イワシ、ウコンも毛活にお薦め

スーパーの生鮮コーナーで見かけるイワシも、毛活に良い食材です。イワシには亜鉛やDHA、EPAなど、髪の毛の生成を促進する栄養素がたっぷり。前述で述べたカボチャと共に、毎日でも口にして頂きたい食材です。また意外かもしれませんが、飲酒後に用いられるウコンも毛活の強い味方です。私達の体はお酒を飲むと、メチオニンという毛髪を生成するアミノ酸が消費されます。しかしウコンを摂ることで、含有するクルクミンが肝機能を促進。肝機能を助けることで、メチオニンの消費を抑えることが可能です。また抗酸化作用にも優れているので、頭皮細胞の老化防止にも繋がります。

食生活以外に気をつけて欲しいこと

毛活食材の効果を高めたいなら、普段の生活習慣に目を向けることも大切です。毛活習慣の大敵は、ズバリ煙草。喫煙することは頭皮の毛細血管を細くする原因になり、頭髪環境に悪影響を与えてしまいます。喫煙者の方は煙草の本数を減らし、徐々に禁煙に繋げられるよう努めてください。また慢性的な睡眠不足も、毛活の進捗を滞らせる原因になります。良質な睡眠をとることは、新陳代謝を高めることとイコール。そして新陳代謝が高まれば、毛量をアップさせることにも繋がります。新陳代謝が高まるとされる夜10時から深夜2時までの就寝を心がけ、7時間以上の睡眠時間を確保してください。