発毛につながる、ちょっとした生活の一工夫!

まずは頭皮環境を整えよう

発毛においてまず大切なのは「良い頭皮環境」です。頭皮は髪の毛が作られる土台。例えるならば畑の土のようなものと言えます。良い土に良い作物が実るように、頭皮環境が良い状態であれば良い髪の毛が育ちやすいと言われています。その環境を整えるべく、頭皮マッサージを取り入れて頭皮を柔らかくしましょう。頭皮を柔らかくすると、頭皮の血行が良くなります。血行が良くなると髪の毛に栄養がしきりに送られるようになり、髪の毛が生えやすい良い頭皮環境になるといわれています。マッサージは指の腹で頭皮を動かすように行いましょう。

いつものシャンプーに一工夫

次に正しい手順でシャンプーを行いましょう。正しくシャンプーを行うと洗髪中の抜け毛を防ぐことができる他、汚れをしっかり洗えて頭皮をより清潔に保てるため、頭皮環境の改善に繋がります。まず髪を洗う前にブラッシングをして、汚れを浮かせましょう。次に入念にお湯で予洗い。その後手で泡立てたシャンプーを頭皮に乗せて、指で揉み込むように洗いましょう。流し残しが無いように丁寧にすすいだら、タオルで髪の毛を挟むように優しく水分を取ってドライヤーを。温風をかける際は、頭皮を乾かすように髪の毛の根元に優しくあてましょう。

生活習慣を見直してみよう

発毛促進のために生活習慣を改善しましょう。髪の毛にとって大切なのは睡眠です。睡眠中は成長ホルモンが分泌されます。この成長ホルモンが髪の毛の成長と大きな関わりがあるとされているのです。午後10時から午前2時は成長ホルモンがもっとも活発に分泌される時間帯なので、この時間帯に睡眠を取っておきたいですね。また、ストレスを溜めないことも重要なポイント。ストレスを溜めると自律神経が緊張し、血行が悪くなってしまうとのこと。血行が悪いと髪の毛に栄養が届かなくなってしまうので、ストレスの発散も生活に組み込みましょう。

摂っておきたい栄養素

食事を見直して、体の内側から発毛促進を目指しましょう。まず摂りたいのが髪の主成分となるタンパク質。大豆や青魚、鶏肉などに多く含まれます。次に血行改善効果のあるとされるビタミンA・E。にんじん、卵、ナッツ類などに含まれます。髪の毛に栄養を届きやすくするために摂取しておきたい栄養素です。脱毛抑制効果のあると言われるヨードは海藻類、貝などに含まれます。お味噌汁にワカメを入れたり、手軽に摂取できますね。そのほかにも亜鉛やビタミンBも良いとされています。ちょっとした生活の一工夫から、発毛を目指しましょう。