女性の薄毛の原因と対策とは

女性の悩み・薄毛とは

薄毛に悩む女性は意外と多いです。女性の薄毛は、完全に脱毛しきることはないようです。薄毛が気になる、或いは薄毛のサインがいくつかあります。頭部トップのボリュームが無くなる、髪の毛全体が柔らかくなる、コシがなくなる、分け目が目立ってくる、黒髪から茶色や白色へと髪色が薄くなる、抜け毛が増える、フケが多くなってかゆみが増すなどの症状が目立ってきます。加齢とともに髪の毛の質が変わってくるのは自然の現象ですが、これらのサインを注視してヘアケアや対処をすることが大切です。薄毛において注意が必要なのは、頭皮環境の改善です。まずは、ご自身の生活習慣の見直しとヘアケアの見直しが必要ですね。

女性特有の薄毛の原因

女性の薄毛は、男性の薄毛とはまた違い、加齢によるもの、また更年期によって女性ホルモンの分泌が減少することによって薄毛になります。男性の薄毛がAGA(男性型脱毛症)によるものであるのに対し、女性の薄毛はFAGA、女性男性型脱毛症が原因のことが多いです。加齢、女性ホルモンの現象以外に考えられる薄毛の原因として、分娩後脱毛症、牽引性脱毛症、円形脱毛症等が挙げられます。分娩後脱毛症は、出産直後からホルモンバランスが乱れて脱毛が目立ってきますが産後日が経つにつれて脱毛量が減少します。牽引性脱毛症は、若い女性に多くいつも決まった髪型にして髪を結ぶ行為によって脱毛し、地肌が目立ってきます。

女性の薄毛対策

男性に限らず、女性の薄毛もそのまま放っておくのは症状が悪化していくだけです。正しい薄毛ケアをすることで、薄毛の進行を止めて若々しい毛髪を手に入れることが可能です。いますぐに出来るケアとして、シャンプーやトリートメントなど今使用している日用品を改善することが大切です。毛髪成分のアミノ酸配合で、頭皮と同じ弱酸性などの地肌に優しいシャンプーやトリートメントに即変えてみましょう。女性ホルモンのエストロゲンが正常に働くことで、毛髪のハリやコシ、ツヤなどを与えられるので規則正しい生活を送り、過度なストレスなどを軽減しましょう。

薄毛予防と生活習慣

女性の薄毛の原因は、加齢とともに女性ホルモン分泌の減少、そして生活習慣の乱れや心身に負荷のかかるストレスが挙げられました。これらの原因を、日々の生活のなかで取り除くためにも生活習慣を改善する必要があります。しっかりと毛髪に栄養を送り込むためにも、栄養バランスを整え毛髪を育てるために必要な栄養素を取り入れます。食事に気を付けるほか、睡眠や運動の質を上げて疲労を溜めないこと、ストレスを解消して健やかに過ごす工夫をしましょう。健康的な生活習慣を基盤にしながらヘアサイクルを正常に取り戻し、シャンプーなどの日用品を変えて頭皮環境を整えてみましょう。