no-image

薄毛になったら坊主にするべき!?薄毛と坊主頭の相性

薄毛の原因はこんなところにも

薄毛や抜け毛を改善するには、まず原因を特定しなければなりません。考えられる主な原因は2種類あります。運動不足やストレス、乱れた食生活や睡眠サイクルと言った生活習慣、間違ったヘアケアや老化による生理現象と、これらを改善しても効果が出にくいAGAなど専門的な治療が必要な疾患があります。いずれにせよ薄毛の改善には、地道な日々の努力が必要です。薄毛はストレスとの戦いでもあるので、いっそのこと坊主にしたいと思われた方も多いはず。そこで今回は、薄毛の方が行う坊主のメリットとデメリットを紹介していきます。

涼しげな坊主頭のメリット

まずメリットとして薄毛が気にならなくなり、日中に鏡を見て整える時間や朝のヘアケア時間が無くなくことで、薄毛を気遣うストレスから解放されます。薄毛の大敵だった雨や強風、レジャーなども心配ありません。自覚するほどの薄毛であれば周囲の人も気付いているはずなので、下手にカツラや残った毛で隠して生活するより潔い選択です。坊主にすると今までになかった清潔感が生まれ、見た目がスッキリするので爽やかな好印象を持たれることもあります。早い段階で短くしてしまえば、最悪薄毛が悪化しても劣等感を感じることが少ないでしょう。

意外な坊主頭のデメリット

逆にデメリットとしては、頭皮が剥き出しの状態なので気温の変化を受けやすくなってしまうことです。真夏は汗が顔にまで垂れてきて、冬は頭から冷えてしまい寒いので気温に合わせたケアが必要になります。特に1年中降り注いでいる紫外線のダメージを直に受けてしまうので、紫外線対策は欠かせません。髪というバリア機能がなくなった頭皮は、手で触れる機会も増え、簡単に汚れやすくダメージも受けやすくなります。そのため、頭皮環境が悪化してしまう場合があり注意が必要です。また、一度坊主頭にしてしまうと簡単には元に戻らないので、かなりの勇気と決断力が必要です。

薄毛に坊主頭はオススメなのか

頭の形がはっきり出る坊主頭は、会社で禁止されている所もあり、似合う人も限られてしまいます。それでも、大金をかけて薄毛を気にしながら悩み続けることを考えると、お金をあまりかけずに、サッパリと坊主頭にしてしまったほうがメンタル面で楽かもしれません。頭皮環境を整えるのが大変なので、これから育毛や発毛を目指す方にはオススメできない坊主頭。ですが、昔の髪型に戻すことを諦めていっそのこと潔く短くしてしまうのも、終わりの見えないストレスから抜け出す手です。メリットとデメリットを認識して、しっかり検討してみましょう。