育毛剤と発毛剤。違いを知って薄毛ケアを始めよう!

意外と知らない?育毛剤と発毛剤の違い

最近ちょっと分け目の地肌が広くなってきた、髪の毛のボリュームがなくなりスタイリングがうまく決まらない、気になる薄毛や抜け毛、ハリやコシの減少など。そんな困った髪のお悩みを解決するものも沢山ありますね。育毛剤や発毛剤など髪の諸症状に合わせてその種類も様々です。ただそもそも育毛剤と発毛剤は何がどう違うか意外と知らない人も少なくないのでは?気になる薄毛を何とかしたい!と焦って薬局に飛び込む前に、まずは育毛剤、発毛剤、その特徴や違いを把握して、あなたのその毛髪のお悩み解決への第一歩にしていきましょう。

育毛剤は予防、発毛剤は?

育毛剤は、その名のとおり毛を育てるもの。頭皮の環境を整え、今ある毛を太く健康にし、発毛の為に頭皮改善を促すもので、どちらかと言うと薄毛を予防するために用いられるものです。一方発毛剤は、抜けてしまった毛を新しく生えてくるようにするもの。髪の毛を作る場所、毛母細胞を活性化し発毛を導きます。薄毛に効果が高いのは発毛剤ですね。ちなみにもう一種。育毛剤より効果が弱いのが「養毛剤」です。言わば頭皮の化粧品のようなもので、主に頭皮を清潔に保つものであり、頭皮環境を整えるためのものです。

購入方法も違う?

一般的には医薬部外品を「育毛剤」、医薬品として認可されているものが「発毛剤」とされています。育毛剤は薄毛の予防が主な目的なので、その効果も緩やかで副作用の可能性も低く、ドラッグストアや通販で気軽に誰でもいつでも買えるものがほとんどです。一方医薬品である発毛剤は、症状の治療を目的としていて、効果も高いとされています。ただ症状によっては効果のない成分が入っていたり、人によっては副作用の可能性もあります。なので自由に手に入るものではなく医師に処方してもらうか、薬剤師のいる薬局等でしか購入できません。

いつから使えば良いか?

薄毛のケアは少しでも早いほうが良いとされています。例えば、枕につく抜け毛、シャンプー時の抜け毛が増えてきた、髪のボリュームが減ってきたなど少しでも変化に気がついたらもう薄毛が始まっているサインです。まだ大丈夫と先送りせず、育毛剤を使い始めましょう。育毛剤は今ある毛を健康に育てていくものなので、髪の毛がまだあるうちからケアをするのがベストです。また確実に効果を実感したいのであれば、医師や薬剤師の指導の下、発毛剤の使用するもの良いでしょう。自分の症状に合った成分や副作用など専門的な事も相談できるので安心です。